結婚指輪選びは悩む!!

一生に一度、愛する人との愛を誓う約束のリングが結婚指輪です。

婚約指輪も憧れの指輪ですが、結婚は一生一人の人と添い遂げるという約束の指輪になります。

その意味は大きく、結婚指輪は婚約指輪とまた違う重要な指輪です。

婚約指輪とは違い、夫となる人、妻となる人がお互いにつける指輪です。

私は結婚していますよ、と周りに公言するという事もありますし、結婚指輪をすることによって、人生を共にする人に対する責任を負うという事にもなります。

人と人との契約の証ともいえる結婚指輪、みなさんはどう選びます?

例えばデザインで選ぶという人もいます。

シンプルであきのこないストレートラインの指輪や、指を美しく優しいイメージに見せてくれるV字やウェーブ、男性が好きなアーム幅が広い幅広タイプ、華奢な女性の指によく似合う極細タイプなど、デザインも様々です。

結婚指輪は夫となる人がプロポーズする際に一人で買いに行くという事もありますが、結婚指輪は多くの方がカップルお二人で選ぶ事が多く、色々悩まれるようです。

何を基本に選ぶのかが決まっていればいいのですが、全く決まっていないというカップルも多いものです。

シンプルすぎるのもつまらないし、かといって奇抜なものはきっと飽きる、どんなものがいいのだろう?と悩むのも仕方がないことです。

結婚指輪をどう選ぶか、素材、デザインなど色々な部分から考えていこうと思います。

一生に一度のお買い物となるマリッジリングは、一生つけていく指輪です。

このリングを見つめるたびに、お互いの愛情を確認できる、そんな指輪を選びたいものです。

◆こちらもご覧ください⇒そこに婚約指輪があるから